ゴールデンウィークに四季倶楽部 365日一泊5,000円の穴場宿

スポンサーリンク

かつて、1泊5,250円という超人気の激安温泉宿が「カンブリア宮殿」という番組でで紹介されました。しかも、365日、土日休祭日も一泊5250円と変わらないといいます。キャッチフレーズに曰く「オールシーズン1泊朝食付き 5,250円で安らぎをお届け」。現状、後にも先にもこんな穴場旅館は無いのではないか。そう思わせるにふさわしい充実度です。連休に穴場をお探しの方々には必見のリゾートでしょう。

現在、四季リゾーツは、365日「5,000円」という打ち出しになっていて、これは素泊まりの場合。朝食は別途500円、夕食は別途2,500円(要予約)となっています。

GW(ゴールデンウィーク)が徐々に近づいていて、いまだ宿の予約もお済でない方も多いのでは。四季リゾーツなら、金銭的にもお得で快適なGWの穴場な宿と言えそうです。

そんな人気の旅館・ホテルを提供しているのは、四季リゾーツ(四季倶楽部)という企業。四季リゾーツ(四季倶楽部)の社長は山中直樹という人物で、山中社長の経営理念がカンブリア宮殿で紹介されたのです。カンブリア宮殿とは、テレビ東京の番組で毎週夜10時から10時45分に放映されていて、毎回、注目の起業家等を招いてその経営手腕や理念に迫る内容となっています。

スポンサーリンク

四季リゾーツのコンセプト

四季リゾーツの経営を一手に率いる山中直樹は、元三菱地所のエリートサラリーマンだったそうで、旅行業界とは縁もゆかりも全くない人物です。人気テレビ番組に取りあがられるほどの宿のコンセプト(経営の概念と主張)はどういうものなのでしょうか。

gwにも四季リゾーツ

四季倶楽部の全国の宿【楽天トラベル】

オールシーズン365日一泊「5,000円」で安らぎをお届けするという四季倶楽部はこちら。
四季倶楽部

四季倶楽部では、これまでに全く無い新しいスタイルのリゾートホテルを目指しています。湯量豊富な温泉や四季折々の景観に時代を偲ばせる史跡の数々といった、充実した背景の下でのんびりくるろげる広さと贅(ぜい)をこらした客室や施設を用意しています。

また、過剰なサービスを避けて、ハイグレードであっても低価格を実現。長期滞在プランであっても計画の立てやすい料金設定を実現しています。そういった個性溢れる施設を客自身で選び、ゆったりとした時間を自由に過ごしてもらうようにしているとのこと。

具体的には、にごり湯・露天風呂・ジャグジー風呂・サウナ付等、いろいろな温泉でゆったりと楽しめる。広い客室は徹底した清掃で清潔感に溢れ、ウォシュレット付きトイレが完備している。ビール・ジュース類等の自動販売機は、一般的な市場価格と同じ料金になっている。といったところです。

ゴールデンウィークの近い今、連休の穴場としてチェック。早めの予約を敢行したいものです。

rakuten by misakoID

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加