ゴールデンウィーク 沖縄の穴場 紫外線に注意!

スポンサーリンク

南国沖縄というと本州に比べればあきらかに気温が高いところなので、ゴールデンウィークに沖縄に行けば海水浴も可能なのではないか・・と考えることと思います。

開放的な南国沖縄でその気分になるのに、判断基準としての【沖縄の気温】は重要と思われます。

過去の沖縄の月別気温を見てみると、ゴールデンウィークに該当する4月下旬から5月の上旬の気温は平均気温で言って23度Cくらい(最高気温・最低気温も考慮する必要がありますが・・)。

実は、現地の人に言わせると、気温より要注意のものがあるといいます。気温以前に沖縄の方が本州よりも「太陽に近い」わけで、あの【紫外線】の強さに要注意とのことです。紫外線の強さについては、太陽の光が直接さしていない曇り空であっても要注意といわれます。

女性のお肌対策のみならず、特に小さなお子様連れの場合、紫外線対策が重要になってきます。

紫外線が強くても気温が海水浴には今一、というのが沖縄の海だそうです。また、ゴールデンウィークの時期、海にもぐっても、お魚の数はまだ少ないとも言われます。

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク 沖縄の穴場 行ってみないとわからない?

暑くもなく寒くもない気温で紫外線が強く海水はちょっと冷たく魚があまり見られない。これが沖縄だと思うと何か白けてしまいます・・。

GWの沖縄の海岸

にもかかわらず、年末年始の沖縄以上に、ゴールデンウィークの沖縄は混雑を極めます。交通事情もリゾート地の混雑もかなりのものです。そしてこれが例年・・。

その理由は、数値に表せない沖縄の魅力があるということでもあります。実際に沖縄に行ったことのある人だけが、その人の「沖縄の穴場」を見つけて帰って来るのでしょう。

ところで気になる梅雨時とゴールデンウィークの関係はどうなんでしょう?

これも現地の人に言わせると、GWが終わった頃から梅雨入り・・とのこと。但し、台風の襲来については、何ともいえないそうです。

今年のゴールデンウィークに限らず、例年のGWの沖縄は、行ってみないとわからないということだそうです。

福岡 一人旅向け 人気ホテル・旅館ランキング(総合)【楽天トラベル】

九州 一人旅向け 人気ホテル・旅館ランキング(食事)(ビジネス)【楽天トラベル】

rakuten by misakoID

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加